ミュゼの脱毛

ミュゼの脱毛にまた定期的に通う時期です。

前までキレイだった肌がまた少しずつ生えてきたのでケアに行き始めてます。

キレイをキープするのも大変ですね。ミュゼはグラン八戸店だけしかなくて、いつも本八戸駅から行くんですが、駅周辺にはシーガルタウンがあって食事とかができるスペースがあります。

いつも帰りにそこに立ち寄って軽く食事とカフェでお茶をしてから帰ってます。イオンタウンもあるので結構便利です。

この辺の地域では駅周辺以外には観光名所が多くて旅行で来てる外国の人とか日本人もいます。

青森って言えばねぶた祭りとねぷた祭りが有名ですね。

このねぶた祭りとねぷた祭りの言い方の違いですが、何が違うのかと言えば、厳密には違いはありません。

よく形状が違うって言いますけど、ねぷたにも人形型はあるし、ねぶたにも扇型はありますからね。

なので地域によっての訛りの違いとかで言い方が変化したものだと思います。

ん??いつの間にか脱毛から祭りの話になってる(笑)

話を戻しましょうかね。

そんなわけで(どんなわけだよ)今終わった後の生えてきたムダ毛のケアをしてるわけですけど、それまでミュゼがここにあるってことを知りませんでした。

普段は駅周辺までしか歩かないので当たり前ですかね。

そんな私がミュゼを知ったのは→http://www.xn--7stz6vgkch47aljz.net/このサイトを見つけたからです。

運営してる人の体験談とかで書かれているので共感できる所もあって見やすかったです。

このサイトはおすすめできます。

青森の美味しいもの

青森には美味しい食べ物がたくさんあってずっと食べてたら少し太りました(笑)

小さいころから私がずっと食べていて自分でも作れるのが八戸ぜんべい汁です。

家庭の味っていうのがあって家によって味が少しずつ違います。もちろんお店でも出していて、それは誰にでもおいしいって言われる味付けになっています。

青森市民にはおふくろの味ですね。私も作り方を母親から教わって一人暮らししたときも夜ご飯に迷ったら八戸せんべい汁ですね。

作り方は結構簡単で人参、ごぼう、鶏もも肉とかを煮詰めればできます。

中に入れる煎餅は「おつゆせんべい」とか「かやきせんべい」と呼ばれるもので普通のおせんべいではなくて汁物専用にできているおせんべいです。

最近、実家にいた時母親のせんべい汁を食べてなんかほっとしたような気分になり、かなり落ち着きました。

家庭の味って大事ですよね。やっぱ私が作るせんべい汁とはどこか違う。

作り方とかはまったく同じはずなのにどこか違うんですよね。不思議なものですよね。

作り続けたからこその配分と愛情の違いですかね、料理は愛情が大事っていうこともあるしね。

私もまだまだだなぁ、母親の味になるには時間がかかりそうです。

いつかステキな旦那さんの為に作る時までに近づけなくちゃ!

ワキとひざ下の光脱毛はじめます!

青森でも、ミュゼプラチナムで、ワキとひざ下の光脱毛をはじめたいと思います。

ただ、青森市のミュゼは予約が取りづらいので、ひざ下は下手をすると1年に2~3回くらいしか施術できないといわれているけど大丈夫かな。

ワキは時間が短いからなのか、3か月に1回程度はできるとのこと。実は脱毛するのはこれが2回目で、初めて契約したのは大阪で、そこでは両パーツとも2か月に1回施術を受けられていました。

ワキのほうは、私が何年も毛抜きで処理をして毛周期が狂ってしまったせいか、10回ほど施術してもらいましたが、効果は実感できませんでした。(生えるのが遅くなったとは感じますが、密度は濃い状態です・・・)

最大出力でお願いしたんですが、痛みは全く感じなかったし、冷たいジェルのおかげで温かく感じる程度でした。一方のひざ下は3回目くらいから全く生えてこない部分ができ始めました。

5回目くらいになると剛毛だったムダ毛が産毛のようになってきて、生えるのもかなり遅くなってきました。くるぶしやひざ回りなどの肉の少ない部分だと、輪ゴムで弾かれたような痛みがありますが、まったく気になりません。

その後は、1年に1回ほどの施術、という超スローペースになりましたが、自己処理は月1くらいになりましたが、ストッキングをはけば毛が全く見えない状態をキープできていました。

ただ、ここ数年通っていなかったせいか、残念ながらムダ毛が目立ってきました。やっぱり続けないと駄目みたいです。これからまた定期的にミュゼに通いたいと思っています。

私の青森ライフが始まった

FXで生計を立ててる独身女です。青森に住んでます。もともと大阪に住んでいたのですが10年付き合った彼と分かれて、どこか遠いところに行きたい!と最初北海道に移住しようと思ったのですが、下見に行こうとして搭乗する予定だった便が新千歳空港大雪のため欠航になってしまい、青森なら?と調べると青森空港ならOKだと。ということで急遽行き先を青森に変更して下見に行ってみた。そこでワシントンホテルに2泊して青森を探索。ものすごくど田舎でしたがなんとなく私の心象風景と、人々のひたむきに生きる姿が重なって、あ、青森に住もうと、その時決意したんです。

古川の魚菜センターののっけ丼は感動したなー。丼に盛ったご飯を持って、市場内で売ってるいろいろなお刺身や具材をチョイスしてそこに乗せて食べるんですね。まさにこれ魚市場を胃袋で楽しむ!という感じ。けっこう大阪時代も魚市場が好きだったんですが買ってきた魚って家でまた調理するのが面倒でした。なんで2泊3日の間にこののっけ丼を2回も食べました。あと津軽ラーメン!!私は魚介系スープが大好きなので、もうこれは本場やー!と連日興奮状態。よくしらないのでタクシーにのっておっちゃんに「美味しいラーメン屋さんに連れてってよ」と言うと「おう!」と連れてきてもらったのが長尾中華そば 西バイパス本店でした。

最初スープを飲んだ時、濃厚な煮干しの風味が一気に口の中に広がり、めちゃ感動しました。「おお!これや!」一人で満面の笑み(笑)結局その後、不動産屋へいき、2DKのマンションを契約してきました。

しかし青森、賃貸マンション安い!!大阪の半分以下か。本当は1DKでも良いかな思ってたのですが不動産屋にいったら「お姉さん、青森で1DKはあまりないですよ」と言われました。それにしても安い。大阪の梅田なら1ルームマンションでさえ厳しいだろうという値段で2DKです。しかも青森駅から歩いて3分(笑)

そんなふうにして始まった私の青森ライフ。次回は少し仕事の話でも書いてみようかな。